メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞分裂も助ける葉酸

「葉酸」は、血液を作ったり、細胞分裂を助けたりして、私たち人間の健康を守ってくれる栄養素です。特に妊娠初期には十分な量を摂る必要があり、不足すると胎児に先天性異常が起こったり、ママが貧血になったりするので、食事の内容には気を配りましょう。


葉酸の歴史

葉酸の存在が発見されたのは、今から80年以上も昔のインドでのことです。当時、産婦人科医や研究者として働いていたイギリスのルーシー・ウィルスという女性が、インドの妊婦さんに重い貧血の症状が多いことに疑問を抱いて研究を進めた結果、酵母エキスの中に有効な成分が含まれていることを発見したのです。


その後、1941年にはほうれん草の中に同じ成分が含まれていることが判明し、ここから「葉酸」という名前が付けられました。


葉酸の主な働き

<胎児の先天性異常を防ぐ>


妊娠初期の頃の胎児は、すごいスピードで細胞分裂をしながら成長していきます。この時期に体の重要な器官が作られるため、葉酸が足りていないと細胞分裂がうまくいかず「二分脊椎」や「無脳症」など、重い障害を負うリスクが高まるのです。


<母体の貧血を防ぐ>


葉酸は、ビタミンB12と結びついて正常な赤血球を作る働きをします。不足すると赤血球が大きくなって正常なものの数が減り「巨赤芽球性貧血」と呼ばれる悪性貧血を引き起こすので注意が必要です。


<生活習慣病を防ぐ>


心筋梗塞や脳梗塞など、中年以降になるとこうした命に関わる病気にかかるリスクが高まってきます。原因となるのは「ホモシステイン」と呼ばれる物質。


葉酸が足りていればホモシステインは別の安全な物質(メチオニンやシステイン)に変換することができますが、不足していると血液中のホモシステインの量が増え、血管内に付着して血流を妨げ、血栓ができて病気を発症するきっかけとなります。


<認知症を防ぐ>


高齢化が進むに従って、だんだん患者の数が増えてきているといわれる「認知症」。これには血流の悪さが関係しているので、葉酸をきちんと摂っていれば発症のリスクはぐんと低くなります。


葉酸の上手な摂り方

葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取された分は汗や尿となって体外へ排出されてしまいます。また、調理の際に水で洗ったり、熱を加えたりすることで、その大部分が壊れたり溶け出したりするので、フルーツを生で食べる、溶け出した栄養ごといただける汁物にするなどの工夫が必要です。


食事からだけでは葉酸が不足しそうという時は、市販のサプリを利用してみましょう。「天然」と「合成」の二種類がありますが、このうち体への吸収率が高いのは合成のほう。この力は厚生労働省も認めて推奨しているので、特に妊娠1カ月前〜妊娠初期には上手に活用してみてください。
ただし、値段が安いだけの粗悪品も多く出回っているので、できるだけ無農薬の野菜を使ったものや、添加物の少ないものを選ぶことが大切です。


葉酸は、妊娠中の胎児や母体の健康を守り、将来的には恐ろしい生活習慣病や認知症などの病気も防いでくれるありがたい栄養素です。水溶性で不足しやすいので、毎日の献立に工夫してこまめに補給するようにしましょう。食事だけでは必要な量が賄えないという場合は、市販のサプリを利用するのも一つの方法です。

市販のサプリの利用に際しては、口コミなどによる比較サイトの利用がおすすめです。
葉酸サプリ比較研究所 〜妊活から産後まで…女性のためのサプリ情報〜


葉酸が注目をあびるワケ

近頃、葉酸が配合された健康食品を目にしたり、話題に上ったりすることが増えてきました。なぜ、葉酸がこんなにも注目されているのでしょうか? 考えられる原因について見ていきましょう。


葉酸には胎児の細胞分裂を助ける力があるので、葉酸は妊娠初期には欠かせない栄養素として厚生労働省からも推奨されています。2002年度からは母子手帳にも記載されているので、特に妊婦さんの間では「大切なもの」として認識されていますね。


もし、ママの体に葉酸が不足していると、胎児が「二分脊椎」や「無脳症」など重い障害を持って生まれてくる可能性が高まります。遅くとも妊娠1カ月前から、できれば結婚を考え始めた頃から意識して摂るようにすると良いでしょう。続きを読む…


葉酸不足によるリスクについて

美容と健康に欠かせない栄養素として、近年注目を集めている「葉酸」。しかし、不足すると具体的にどんな不具合が生じるのかについては、案外知られていません。意識して摂るモチベーションを高めるためにも、主な症状について知っておきましょう。


<葉酸の不足=葉酸欠乏症>


葉酸が不足している状態を「葉酸欠乏症」と呼びます。葉酸はさまざまな食材に含まれているので、普通に食事をしていればそれほど極端に不足することはありません。しかし、インスタント食品やコンビニ弁当ばかり食べていたり、好き嫌いが多かったりすると、足りなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。
特に、お腹の中で胎児を育てる必要のある妊婦さんは、普段より多くの量を摂るようにしましょう。続きを読む…


葉酸で出産後の貧血の解消と予防を

女性は妊娠中に貧血を経験することが多いのですが、無事に赤ちゃんが生まれた後も油断はできません。中には、それまで一度も貧血になったことがなかったのに、出産後に初めて貧血になったという人もいるので、体調管理には十分に気をつけましょう。


分娩時は大量に出血するため、出産が長引けば長引くほど体内の血液は減っていきます。輸血をするほどではなくても、自分で思っている以上に血が足りない状態になっているのですね。その上、赤ちゃんは1日に何度も母乳を飲むので、その原料となる血液の製造が追いつかないという事情もあります。
また、慣れない育児でストレスがたまったり、細切れの睡眠しかとれなかったりすることもこの状態に拍車をかけてしまいます。続きを読む…


葉酸で出産後の美肌効果に必須のビタミンBを摂る!

トラブルのない美しい肌を作るには、ビタミンB群を摂ることが必要不可欠です。その中でも、特に葉酸は重要! その詳しい理由と、効果的な摂り方について説明するので、ぜひ参考にしてみてください。


ビタミンには、私たち人間が食べ物から取り入れた栄養素を吸収・分解し、肌細胞の原料とする働きがあります。細胞分裂がうまくいかなければいつまでも古い角質やメラニンなどが残ることになり、美肌を作るどころかシミやシワ、たるみなどの原因になるので注意が必要です。


中でも、ビタミンB群には「肌のターンオーバーを促す」という重要な役目があり、不足するとカサつきや吹き出物などさまざまな肌荒れの症状が出てきます。特に葉酸は細胞分裂を促したり、血行を良くしたりするために欠かせない栄養素なので、こまめに補給しておくようにしましょう。続きを読む…


葉酸にはホルモンバランスを整える力がある!?

妊娠中と出産後では女性ホルモンの分泌量が変わるため、そのことに心や体がついていけず、さまざまな不調が現れるようになります。赤ちゃんのお世話だけでも大変なのに、体調まで悪くなってしまうとつらいですよね。葉酸にはホルモンバランスを整える力があるので、こまめに補給して産後を乗り切りましょう。


赤ちゃんを産んだ後で思うように動けない日が続くと、多くのママが「自分に子育ては無理なのではないか」と自信をなくしてしまいます。しかし「出産」という命がけの大事業をこなした上、生まれてしばらくは夜もろくに眠れない生活が続くのですから、誰だって不安定になるのは当たり前なのです。どうか、自分を責めないでくださいね。


ホルモンバランスの変化も体調不良の原因ですが、ほとんどの場合、10日〜2週間ほどで症状は治まります。もし、症状が長引いたり悪化したりするような時は「葉酸の不足」を疑ってみましょう。続きを読む…


おすすめの葉酸サプリのご紹介

「出産後の体に葉酸サプリが良い」と分かってはいても、商品の数が多すぎて、いざ選ぼうとするとどれを購入すれば良いのか分からないという場合が少なくありません。選ぶポイントは「原料にこだわっている」「吸収率の高い合成サプリである」こと。これらの条件をクリアしたおすすめのものをご紹介します!


【POLEPOLE葉酸サプリメント】

「POLEPOLE葉酸サプリメント」は、豊富な知識を持つ管理栄養士が原料を厳選し、最適な量を配合して作ったサプリです。だから、使われている成分やその量、根拠を自信を持って公表! デリケートな時期の女性にも安心して飲んでいただけます。


<おすすめポイント1>


体に最低限必要なものだけを配合し、余分なものは一切省きました。1日3粒でビタミン、ミネラル、乳酸菌などの栄養素がきちんと摂れるので、栄養バランスの気になる方に最適です。続きを読む…